朱雀学習帳

日々学んだことをメモするためのページ。学術的なことと、ニュースのサマリを書く

【虎ノ門ニュース】2018/11/08 放送回 感想 日本国内では日本語優先で話そう

www.youtube.com

出演

感想

竹田恒泰氏 BuzzFeed Japan 籏智広太氏にファクトチェックされる


玉城デニーは、普天間について何も言ってないと思うが。。。。
BuzzFeed Japanって時点で、かなり怪しい。

指摘内容見たけど、竹田さんの言っているのは普天間の危険性除去についてだな。
指摘した記者は、普天間ってワードだけに反応しているわけか。
日本語が読めないとしか思えないな。

昔だったら、騙されている人がいたかもしれない。
だけど、今はいろんな人が情報発信して、複数の意見を聞いて気づく人が多い。
これで、普天間に言及しているって言うのは、普天間問題を知らないとしか思えないな。
日本の記者は、ここまでバカになったのか。
論理的思考ができないわけか。
となると、やっぱり、数学は大事だな。
数学廃止論を訴えていた前川喜平氏は、亡国論者としか思えない。

玉城デニーの矛盾は、移転するなと普天間の危険性を追求することで、補助金が欲しいだけだろう。

数字の意味が分からないのか、この記者。。。
数字の意味じゃなく、一部だけ切り取って指摘しているから、記者はバカだと言われるのだ。

なんだ、籏智広太氏は、ただの立憲民主党の支持者か。

FACT CHECKすべき朝日新聞の記事

紹介されているのは直近のやつだけだな。
過去を掘り出したら、もっといっぱいあるだろうな。

朝日新聞は、左派ではなく、反日新聞。
真の左派の人に失礼だと思うわ。

健康保険 家族は日本居住限定へ 外国人人材増に対応/中国籍の男女17人摘発 入管難民法違反の疑い

やっぱり、外人の受け入れで、今になって問題が出てきている。
これがまともにできないのに、外人受け入れを増やしたら、もっと問題が大きくなるだろうな。

プライムニュースのことかな?
岸田政調会長は、明言しないようにしていたわけか。
答えを引き出して、問題をはっきりさせた有本さんが、いい仕事したな。

保険の適用範囲は、やっぱりおかしい。
範囲が広すぎて、悪用されるのが目に見えている。

外国の技能実習生で、行方不明になった人は、どうするんだろうな。
あきらかに、危険性を孕んでいると思う。
その対策なしに、より合法的に入れる法を作るのは、かなり問題だと思う。

内外差別どうこうって、日本にいて日本人が優遇されないのなら、それは日本人差別だと思うわ。
国民のために政策考えるべきじゃないのか?

俺も、英語で聞かれたら日本語で聞こう。
カタコトなら英語で喋るけど、日本でわざわざ英語を優先して喋ってやる必要性はないな。

竹田恒泰氏 慰安婦像ツイート後に「鼻クソの刑を執行」と投稿

慰安婦像は、中国村で中国人向けに作っているわけか。
サンフランシスコ市は、これを放置しておく気なのかな?

元徴用工集団訴訟へ説明会 韓国/慰安婦合意 法的拘束なし 韓国外務省が憲法裁に

相手が強気に出れば出るほど、日本は関係を切りやすいわけか。
距離感を考えず、無防備に近づいた結果、いろんな被害を被っているからな。。。

徴用工は、やめたほうがいいな。
徴用されたわけではないし。
言いがかり訴訟問題でいいんじゃなかろうか?
一生懸命働いていた人たちを侮辱する韓国の行いは、許せないな。

韓国には、2年の時効があるのか。
だったら、自己矛盾しているな。
理由が日本帝国か。。。
理由になってない。戦勝国でもないのに戦勝国史観があるのかもしれない。

日本政府は、毅然と対応すべきだろう。

話を聞いてたら、韓国に対して怒りが沸いてくる。
要するに、日本人を下に見て差別しているわけか。

将来、強制労働と言われて、関係者全員から金をむしり取ろうとする未来が見えるな。。。
だって、この問題を追求してくるってことは、強制労働ガーといってくるのは、不思議でもないでしょう。
この問題を許したら、日本の企業は、将来に渡って、韓国から金をむしり取られることが確定してしまうのだから。。。
だから、日本政府は毅然と対応するべきだと思うな。

民主党 ねじれ議会で攻勢へ 中間選挙 政権に打撃/ダライ・ラマ「後継者は民主的に決める」中国を牽制か

共同通信だからな。。。
安易に信じられない。きちんとそうなるということを、歴史的事実や法的根拠、米国政治家の特性を元に解説して欲しいね。
記事の内容を聞いたけど、ただの願望だろうって思ってしまった。

ナンシー・ペロシは、言動と行動が一致してないわけか。

ダライ・ラマが象徴に近いのだろうな。
不確実性をなくして、チベットを残すことを選んだのかな?
育てるシステムねぇ。。。。
個人的に、自由を剥奪するようなイメージを持ってしまった。