朱雀学習帳

日々学んだことをメモするためのページ。学術的なことと、ニュースのサマリを書く

【虎ノ門ニュース】2018/06/07 放送回 感想 米朝首脳会談は何が起きるか予想できない。

www.youtube.com

出演

  • 有本香
  • 石平

感想

首相 ワシントンに出発 日米 対北朝鮮圧力確認へ/米朝会談は「カペラホテル」 米は北の滞在費支払わず

原稿聞いての感想

事前打ち合わせが始まるのですね。米朝首脳会談を迎えるための重要な会談。安倍総理には、しっかりと外交してもらい、成果につながるようにして欲しい。

北の滞在費は、払う必要性はないでしょう。。。
そんな義務はないのだから。
払えない北朝鮮が悪い。そもそも払えないのに、なんで会談を確約したのか、意味がわからない。
払う意味があるとすれば、あえて払って、あとで利子付きで請求するくらいしか使い道がないしね。。。

有本さんの解説(要約)

  • 会談が終わってみないと、結果が見えない。
  • 米国では、会うだけではないかという理論と、裏でものすごい取引を成立させているのではないかという意見が存在している。
  • ボルトン氏は、曖昧な対応をするなら職を辞すると言っている。今現在、まだ辞職してないということは、何かしらの成果がありそう。
  • 韓国の中央日報によると、北朝鮮の非核化には200兆円程度かかると予測しており、その費用は、韓国側が負担せざるを得ないだろうと言っている。
  • 金を出せそうなのは、日米韓。中国は見返りがないと絶対に出さない。ロシアも期待薄。米国は、交渉するという役目を果たしている。日本は、拉致問題の解決がなされなければ払わない。そうなると、韓国になるというのが、韓国の中央日報の見立て。
  • 制裁をしている国ばかりなので、滞在費は誰も支払わないだろう。
  • 反核団体が払うと言っていたが、国連の制裁決議を破る気なのだろうか?
  • 北朝鮮の滞在費は、シンガポール政府が払う可能性が高い。
  • シンガポールは、国際的な会議を誘致したいので、今回の対応に踏み切った。
  • 来週、シンガポールで現地取材予定。
  • 火曜はニュースをやらない日
  • 中国は、世界の目が自分たちに向かってこないように戦略を練ってきている。
  • ASEAN諸国の対中対応が、段々と変わりつつある。
  • マレーシアが米国寄りになると、南シナ海の情勢は一気に変わる。
  • 日本は、NATOに事務所を出す。日本はヨーロッパではないが、情報共有をするうえでは非常に重要なこと。
  • 鳩山政権が米国との関係を悪化させたが、安倍政権で信頼を取り戻せている。
  • 会談がどうなるかは予想がつかない。中止になっても受け入れるつもりでいる。
  • 外交では、トランプ大統領のように決断することができない人が多い。

石平さんの解説(要約)

  • 1回で全部解決は難しいかもしれない。
  • 今回の会談は、解決への道筋をつけるだけの可能性が高い。
  • 解決への道筋がついたら、今度は習近平への対抗を本格化してくると思われる。
  • 本来、アメリカは北朝鮮問題を解決するために、中国の手を借りたかったが、全く動かなかった。
  • 中国にとって、北朝鮮問題は都合がいい。南シナ海の問題を隠すための隠れ蓑。
  • 中国は、この会談を邪魔する可能性が高い。
  • 米朝首脳会談が決まって焦ったのは中国。決まってから、1回も会わなかった金正恩に会った。
  • 中朝会談で金正恩の態度がデカくなったのは、習近平にそそのかされたから。
  • 金正恩の態度を受けて、トランプ政権は会談を取りやめた。その結果、金正恩は窮地に陥る状態になった。
  • 金正恩が会談実施を要請してきた時点で、習近平の企みは潰えた。
  • 金正恩は、習近平の話を聞くべきではなかったと思っていそう。
  • アメリカにとって北朝鮮問題は最重要ではない。その先に中国問題がある。
  • アメリカ海軍は台湾に入っているとの情報があり、対中政策の動きを見せている。
  • 核の解決もあるが、中国へのリソースを最大限使える状態にすることにある。
  • 中国は謀略だけやってきた国。三国志を見るとよく分かる。
  • イギリス・フランスが、自由の航行作戦に参加するから、世界の流れが中国から離れて行き始めている。
  • 中国は、そのうち世界から攻撃される可能性が高い。
  • 一帯一路は、風前の灯火。だから、日本にラブコールを送ってくる。絶対にこの誘いに沿ってはダメ。
  • 今後、重要になってくるのは、日英米の連携。
  • 日露戦争で日本が勝利できたのは、日英同盟によるところが大きい。
  • 安倍政権は、いつかは終わる。そのときに、日本の国際戦略を引き継ぐ人物が必要。
  • 一番大事なのは、これから。後継人作りが最重要課題。
  • 米国の外交戦略は、オバマ政権とトランプ政権で違いはない。違っているのはやり方。オバマ政権は、優柔不断だった。だから、諸外国に梯子を外される事態になった。
  • 真面目な話に冗談いれてもいいじゃない
  • 米国がリーダーシップを失い、日本が右往左往するようになると、中国が動き出す。
  • トランプ大統領が会談中止を決断したことは、すごかった。

最終感想

  • 石平さんの米朝首脳会談への一連の流れの解説が秀逸!!
  • シンガポールの思惑も混じっているのか。。。
  • 南シナ海周辺の国々がどちらに付くのかで、南シナ海の情勢が変わる。
  • 米朝首脳会談は対中政策の一部なのかも知れない。
  • 日本には戦略眼が不足している。
  • 中国の分析は、石平さん以上の解説をできる人はいない。
  • 今のメディアは信用できないから、有本さんの情報を誰よりも信じます!!
  • トランプ大統領の会談中止やつは、俺も驚いた。あれのおかげで、金正恩は会談をせざるを得なくなった気がする。

外国人労働者拡大へ新資格 最長10年在留可能に

原稿聞いての感想

これは、まずいでしょう。。。
別目的で日本に来るのではないかと思うのだが、どうなのだろうか?
10年は長い。どう考えても移民政策にしか聞こえない。

有本さんの解説(要約)

  • 日本の保険証は、他人でも簡単に使える状態
  • 他国ではICチップを入れたり、写真を入れたりしている。日本の役所は、それが難しいと言っている。写真を入れるくらいなら、難しいとは思わないが。。。
  • 外国人労働者の受け入れより、健康保険の穴を埋めるべき。
  • 日経新聞では、日本はもっと外国人労働者を受け入れろという論調になっている。
  • ドイツでは、一時的な労働者に3K仕事を多く依存したいた。労働者が一斉に帰国してしまった結果、その業界が成り立たなくなった。だから労働者を引き戻す必要があり、条件を緩和せざるを得なかった。その結果、外国人労働者生活保護を頼る割合が多くなり、格差が広がった。
  • 文化・宗教的な問題もはらんでいる問題になってしまった。
  • 文化や国柄が変容していく問題をはらんでいる。この政策は、確実にその呼び水になる。
  • 一番困るのは、犯罪の巣窟になること。今の制度設計では、それが防げるとは思えない。
  • シンガポールの移民政策は非常に厳正なものになっている。

石平さんの解説(要約)

  • 中国人は留学生として入ってきて、そのまま日本で就職している。移民政策ではなかったのに移民を受け入れているような状況。
  • 10年滞在すると、日本国籍が取れてしまう。労働者の受け入れで移民政策ではないと言っているが、全く意味はない。これは移民政策に他ならない。
  • この問題をもっと集中審議するべき。モリカケなんてどうでもいい。
  • これは日本民族に関わる重要な問題。
  • 労働力の問題はあるが、受け入れをするなら、現状の問題を潰してからしたほうがいい。

最終感想

  • 保険証に写真を載せることの何が難しいのか理解できない。悪用している人から献金でも貰っているのか?日本の役所は。
  • 日経新聞もゴミ新聞化してきているな。Github買収の報道にも疑問がある。
  • 格差を有無政策な気がしてならない。
  • まずは現状をきちんと認識しろ!

石平のDESUわなNOTE(辮髪<べんぱつ>で見る“中華民族”の大嘘)

元々は中華民族はなかったが、面子を保つために作ったってわけね。
そして、他民族を吸収して、中国を大きくすると。

尖閣周辺に中国船4隻 4日連続/「台湾独立」を中国けん制 政協主席 交流イベントで

原稿聞いての感想

はやく北朝鮮問題を解決して、南シナ海の中国の動きについて注目しなければいけない。
尖閣諸島の情報は、もっと流さないと、そのうち中国に飲み込まれそう。。。

有本さんの解説(要約)

  • 米国は台湾との関係を強くしている。
  • 政治的な交流は少し進展してはいるが、同盟を結ぶまでは至ってない。
  • 安倍政権のうちに台湾として国連加盟できるようになるように援助できればいいと思う。

石平さんの解説(要約)

  • 中国は日中友好と言っているが、領土問題を脅かしている。
  • 日本も台湾との関係を重視すべき
  • 台湾が中国に飲み込まれた場合、危機的状況になる。
  • 中国遠慮せずに台湾と付き合わなければならない。

最終感想

  • 早く台湾として独立して欲しい
  • 尖閣諸島関連は、もっと大々的に報道するべき。国土が脅かされているのに報道しない自由を行使するのは、売国奴メディアと呼ばれても仕方ないと思う。

環状2号 22年度完成へ 都方針 臨海部開発に弾み

原稿聞いての感想

日経新聞は、どういう意味合いでこのタイトルをつけたのか?
まるで、良いことのようなタイトルに見えるのだが、気のせいか?

報道内容が、どうして遅れたのか明確に説明されてないような気がするのだが、日経新聞小池都知事よりなのか?

有本さんの解説(要約)

  • 代価の道路では、捌ききれない可能性が濃厚。混雑が予想される。
  • 駐車場の問題も解決できておらず、そのせいで警備体制も決まってない。
  • 千客万来施設は、暫定施設にすると言っている。オリンピックが終わったら出て行けとでも言うつもりなのか?
  • 小池劇場で持ち上げたメディアは、きちんと事後検証すべき。
  • 最終的に、ツケは都民の血税で賄われると思う。

石平さんの解説(要約)

  • 小池都知事は、都知事を踏み台としか思ってなかった。だから、3~4年先のことが全く考えられていない。

最終感想

  • 小池都知事には、一定程度の処分を受け入れてもらうしかない
  • 末代まで祟ってやる!

科研費使徒追及が学問の自由への介入

原稿聞いての感想

杉田議員が追及していたやつだな。

税金が投入されている以上、国益に沿ったものでなければならない。
学問の自由は誰も制限してない。ただ、税金が使われている以上、その用途は国民が見る権利があるし、国益に沿ったものでなければならない。
杉田議員の意見を聞いたが、まったくそのとおりだと思う。

どうしてもやりたいのなら、自費でやればいい。
その場合は、誰もやるなとは言わないから、学問の自由は保証されている。

杉田議員には頑張ってもらいたい。

あと、足立議員がイチャモンツケてるようだが、やることやってから文句言えと言いたい。
いっつも批判ばっかりで、何もしてないのが実態。
やっていることは、他の野党と同じで、辻元清美と大差ない。

石平さんの解説(要約)

  • 学問の自由はある。
  • 国民の税金でやっている以上、研究は国家国民のためでなければいけない。国民の代表たる議員が追求するのは当然のこと。
  • どう考えても学問の発展に寄与しないものは、日本の品位を落とすだけ。

最終感想

  • 学問の自由どうこういうなら、科研費のもらうんじゃねーよ!!
  • 杉田議員、頑張れ!!