朱雀学習帳

日々学んだことをメモするためのページ。学術的なことと、ニュースのサマリを書く

【虎ノ門ニュース】2018/05/29 放送回 感想 今回の話の脱線の仕方はウルトラC級

www.youtube.com

出演

今日は、言論のサファリパークが強化されそうな予感

感想

打ち合わせが漫才みたいだな。。。
ボケたあとに謝る百田さん、百田さんが暴走気味になるとキレ芸になる居島さん、百田さんの暴走にのっかったり、居島さんをなだめながら進行を促す石兵さん。
案外、バランスが良いのではなかろうか?

米朝首脳会談へ協力で一致 日米首脳が電話会談

原稿聞いての感想

米朝首脳会談前に会談するのか。
米朝会談にむてけの作戦会議ってことですね。
安倍総理には、日本の国益のためにしっかりと活躍して欲しい。

百田さん解説(要約)

  • 米朝会談前に日米会談することは、かなり重要
  • 日本が米国の大統領にアドバイスをするのは、すごいこと
  • 安倍総理トランプ大統領の顧問に近い
  • 構図は、中朝 vs 日米
  • トランプ大統領が強気に出れるのは、軍事オプションのカードを常に持っているから
  • 会談しないということは軍事オプション発動の可能性が高まる。
  • 米国はプロファイリングを重視する国。行動に出てきたということは、北朝鮮のプロファイリングが完了している可能性が高い。
  • 習近平は、もしかしたら、ものすごく気が弱いのかもしれない。トランプ大統領とあっているときに、ポケットに手を突っ込んでいたのを見られたら、すぐ手を出した。

石兵さん解説(要約)

最終感想

安倍総理 トランプ氏と足並み「拉致」にらみ

原稿聞いての感想

手堅い外交だな。
軍事がないゆえに、物事を推し進めるには、他国の力を借りなければいけないことを分かっている気がする。

百田さん解説(要約)

  • 拉致問題解決に一番近い状態に居る。
  • トランプ大統領は、拉致問題について言及している。
  • 拉致問題の解決には、金が必要になってくる。本来であれば、勝手に拉致したのだから、金を要求できる権利はない。けれども、引き裂かれた家族を合わせるためには必要になる。腹は立つが、致し方ないところもある。
  • 拉致された人は、もしかしたら、国家機密を握っている人かもしれないから、返すのを渋るかもしれない。
  • 日本は、現実より理想を大事にしすぎて、目的を達成できないことが多い。
  • 憲法9条護憲派の人は、自分たちの家族が拉致されたら、どう思うのか?
  • 枝野氏は、強い軍を置けば、攻められると言っていた。
  • 朝日新聞の記者と討論で話した時、「軍は家に例えると強い鍵で、日本は鍵が弱すぎるから強くしよう」と言ったら、朝日新聞の記者は「そんなことしたら、鍵を打ち破るためにもっと強い武器を持ってくる」と言ってきた。お前の家に鍵はないのか?
  • 拉致した人は、国家機密を握る人たちではなく普通の人たち。おそらく、意味なく拉致した。何もすることがなかったから、仕事をしたことをアピールするために拉致した可能性が高い。
  • 警察や公安は、拉致の可能性を疑っていた。朝日放送産経新聞拉致事件を言い出したが、政府は認めなかった。社会党に至っては、デマだと決めつけていた。
  • 拉致実行犯の辛光洙が韓国で捕まった時、減刑要求を日本の菅直人とかがしていた。国賊である。
  • 菅直人は、安倍総理を最悪の総理であると言った。お前は、自分のしてきたことを分かっているのか?

石兵さん解説(要約)

  • 金正恩にとって、拉致問題はただの交渉カードの1枚
  • 交渉ごとだから、最初は強気で入ったほうが、多く取り返せる可能性が高い。
  • 拉致された場合、その対策を考えなければいけない。本当の国であれば、軍事力を駆使して自国民を取り返すのが普通の国家。それをできなくしたのが憲法9条
  • 憲法9条を守る人たちは、自分たちのイデオロギーを守るためにいる。国民を守ることは考えていない。
  • 枝野氏の言い分は、警察を置けば犯罪が増えると言っているのと同義。
  • 憲法9条は諸悪の根源
  • しょうもない理由で拉致されたのが戦後の日本。誰も守りきれなかった。
  • 歴代最悪の首相は、菅直人と鳩山のトップ争い。

最終感想

  • やっぱり、拉致の解決には軍事力が必要
  • 護憲派の人を、拉致被害者とトレードできないか?それなら憲法9条は残してもいいかも。
  • 枝野氏の言い分は、バカ丸出し。警察がいるから犯罪は減る。それは過去のデータを見れば分かる。だから、強い自衛隊は必要。
  • 憲法9条は、理想を重視して現実を壊すもの。
  • 社会党の流れを汲む政治家はクズ。
  • 菅直人国賊と言われてもしかたない。
  • 菅直人の意見には、もう誰も耳を傾けないでしょう。いや、傾けてはいけない。

米軍が南シナ海で航行の自由作戦

原稿聞いての感想

中国の牽制ですね。
できれば、多くの国を巻き込みたいところ。
中国は我が物顔で南シナ海にいることに、かなり違和感と危機感を感じる。

百田さん解説(要約)

  • 南シナ海の中国の主張はありえないほど強引
  • 野田聖子はアホな主張で中国を増長させた。
  • 野田聖子のアホが総理大臣になったら日本が終わる。
  • 南シナ海が通れなくなった場合、一人の負担額は年間4万。世帯だと10万以上になる。
  • 中国は、南シナ海を封鎖する可能性が高い。管内閣のときに勝手に領土に入って戦艦に体当たりしてきた中国人を拿捕したときに、中国国内の日本企業を焼き討ちにした。レアアースを止めたり、無茶苦茶なことをしてきた。
  • 野田聖子はバカ

石兵さん解説(要約)

  • 中国の軍事施設を食い止めるまではいかなかった
  • 対応が遅すぎる
  • 米国が北朝鮮が解決したら、南シナ海に全力を注いでくる。だから、習近平北朝鮮問題を邪魔しに来る。
  • 南シナ海は日本にとっては生命線
  • 日本が南シナ海に関係ないという発想は、江戸時代のもの。野田聖子の頭の中は、江戸時代なのだろうか?

最終感想

  • 野田聖子はボンビーガール。日本を貶めることしかしてない。
  • 南シナ海からも注意をそらしてはいけない。

百田氏「交渉記録4000ページ読んでご苦労なこと」

原稿聞いての感想

玉木氏は、ちゃんと読んだんですかね?
意味ないことで追求するのは、やめて欲しいですわ。

百田さん解説(要約)

  • 交渉記録4000ページと聞いたら、籠池被告がどれだけ異常な要求をしていたのか分かる。
  • 申請したのは籠池で、安倍総理の関与は証明されてない。
  • 玉木記念小学校で申請して、玉木氏に疑惑追及しようかな?
  • 4000Pも読まされる記者が、ある意味、かわいそう。。。
  • 毎日新聞の記事を批判したら、法的措置をとると手紙がきた。しかも、公表するなと記載があった。だから、番組でしっかりと公表してあげた。
  • 安倍総理の「不正関与」で、野党やメディアは、ある意味、狂ってしまった。
  • メディアは、不正関与の立証責任があるが、1年間も探して見つけることができなかった。

石兵さん解説(要約)

  • この資料から分かることは、安倍総理の関与がないこと。一国の首相が関与しているのなら、こんなに軟膏はしない。
  • 玉木は頭が悪い
  • 玉木氏のやり方を真似ると、百田小学校を申請したら、百田さんが関与したことになってしまう。
  • 1年間、疑惑は深まったと聞いて、耳にタコができるようだった。1年間深まったというのなら、いったいどこまで深まったのだろうか?太平洋のそこまで深まったのだろうか?
  • 毎日新聞を目の前に置かないで欲しい
  • 毎日新聞は、そのあと、何も音沙汰なし。反論もしてこない。
  • 野党・メディアの問題は、関与を無限大に大きくしている。

最終感想

  • 玉木氏は、資料をちゃんと読んだのか?都合のいいところだけ引っ張ってきたようにしか思えない。
  • 毎日新聞は、朝日新聞にも負けず劣らずだな。
  • 安倍総理の、反日界隈を狂乱状態にさせる能力は天才的。
  • 籠池被告の異常さしか分からない資料である。

法的措置「受けて立つ」加戸前愛媛県知事

うまく繋げたな。
火曜は、このペースで進行したほうが、いいと思いました。

原稿聞いての感想

加戸さん、カッコいい。
メディアが、なぜ献金をもらった連中を問題視しないのか、意味がわかりません。

法的措置を取らなかったら、さっきの毎日新聞と同じですね。

百田さん解説(要約)

  • 福山氏が訴える可能性はかなり低い
  • 訴えるとなると、法定で事実が詳細に検証される。
  • 加戸さんは、百万円でよく働く政治家だと皮肉っていた。
  • 福山氏に百万円渡したら、働いてくれるらしい。
  • 獣医学部ができそうになったときに、獣医師会が妨害してきた。
  • メディアが安倍総理を潰したいのは、憲法改正を阻みたいから。
  • 憲法改正されて困るのは、中国・北朝鮮憲法改正を阻止するのは、その息がかかっていると考えたほうがいい。
  • 中国が民主主義化した場合、化物のようなナショナリズムが誕生するのではないかという危機感もある。
  • 中国の10億人くらいの奴隷のような人たちと、数億の人が従えている国。
  • 中国は、王朝が入れ替わるたびに大きく人口を減らす。
  • 日本は、大きな人口減少は経験してない。
  • 日本の人口が大きく減ったのが、大東亜戦争
  • 関ヶ原の戦いで一番死んだのは、島津藩の敵中突破。

石兵さん解説(要約)

  • 献金をもらったやつが何も追求されず、何ももらってない安倍総理が追求されているおかしな状態。
  • 収賄が明らかなのに、メディアが追及しない。
  • 沖縄の米軍基地前の活動家は、中国から金が流れているかは不明だが、客観的に見たら、中国の利益になるようなことをしている。
  • 中国が終わったら、どうなるかは予想がつかない。歴史からしたら、内戦状態になったあとに、次の皇帝が出てくる。
  • 中国が分裂して、各国が民主主義を行うのが、個人的な理想。周辺の国々にとっても驚異ではなくなる。
  • 経済が豊かになると、独裁が強くなる。
  • 中国は、独裁か天下大乱のどちらかしかない。
  • 中国が民主化するには、中華思想を捨てることが必要になる。
  • 中国が分裂すれば、民主主義はやりやすくなり、ナショナリズムの危機は小さくなる。
  • 四川州は北京の連中と違う!
  • 三国志は、たしかに面白いが、民にとっては悲惨の歴史。英雄を作るために、民が何万人も死んでいる。
  • 中国は独裁で苦しむか、内戦で苦しむかのどっちか。
  • 日本ほど恵まれた歴史はない。
  • 関ヶ原の戦いは、中国の戦乱からしたら、遊びのように見える。だから、日本人は幸せである。
  • 江戸時代の安定した時期が、日本の奥ゆかしい文化を生んだ。

最終感想

  • ニュース記事からものすごく脱線したな
  • 江戸時代に作られた文化は、素晴らしい。寿司の発明は、日本を支えている。
  • 関ヶ原の戦いは、戦国無双できっちり学んだから、言っていることはすべて知っていた。歴史を知っていると、話にしっかりついていけるんだな、火曜日は。子どもがいるなら、戦国時代を学ばせるために、戦国無双をやらせるべき。
  • 三国志は、視点を変えると不幸の歴史でもあるんだな。。。
  • 献金もらった人を問題視するのがメディアの役目でしょ?
  • 島津家が敵中突破したのは、島津家を長引かせるためだと思ってる。
  • 日本は、平和の歴史でもあるんだな。。。
  • 日本の英雄が、どこか武力的に弱く見えるのは、きっとみんな平和を愛して知恵を絞っていたからだろう。
  • 石兵さんの中国を憂いている感情が、痛いほど伝わってきた。

特攻の最期 73年経て映像見つかる

原稿聞いての感想

話を聞いていると、かなり激しい闘いだったんだな。。。
これは大切にしないといけない資料だね。

百田さん解説(要約)

  • 戦後の日本の軍事占領から守ってくれたのは、特攻隊の人たちのおかげかもしれない
  • 米国にやりすぎたらダメと思わせることで、日本が存続できたと思う。

石兵さん解説(要約)

  • 皇族に手を出せなかったのも、この行為が影響しているかもしれない。

最終感想

  • 先祖たちによって生かされたことを忘れてはならない。

百田氏「ゲストに野党政治家を呼んでみたい」

原稿聞いての感想

維新以外となると、だれも思いつかないな。。。

百田さん解説(要約)

  • まともな人がだれも思いつかない
  • 普通の人が思いつかない。そんな政党が6つもある。
  • 本当にアホなのか、確認してみたい。

石兵さん解説(要約)

  • 本来なら、与野党ともに呼んだほうが良い

最終感想

百田さんと同じことしか思いつかない。。。