朱雀学習帳

日々学んだことをメモするためのページ。学術的なことと、ニュースのサマリを書く

【ニュース女子】2018年03月26日 放送回 感想 世代間闘争をもっと激化させて!

公式サイト

dhctv.jp

出演

感想

納得がいかない数字

35歳以上の結婚は、東大合格よりも難しいだろう。
結婚は、子孫繁栄のためにするもんだと思うよ。
年を取れば、回避する男が多くなるのは、当然だろう。。。
てっきり、杉原杏璃は、結婚を諦めていたと思ったのだが、違ったのか。。。

偏差値は、信用できない。
偏差値高くても、バカ野郎はいるしな。

裁量労働の不正データ問題は、民主党がアホなデータとろうとしたからでは?
そもそも、裁量労働者は、裁量によって労働時間が変わるし、いつ労働しているなんて区切りが付けられないから、測れないと思うぜ。
これも、適当な数字だろう。
これでイチャモンつけるなら、民主党政権時代に民主党にいた奴らは、全員議員を辞めてくれるんですかね?

調整と付く統計は怪しい、ね。。。
たしかに、見せる側はいかようにもできるからな。
自分が都合いいように改ざんするのは、当たり前ですね。
正当な統計データというのなら、元データを公開スべきだね。
できないのなら、それは嘘統計って認定だろう。
公開する場合は、当然、個人情報は非公開だとは思うが。

平均値は、怪しいと思ったほうがいいのかな?
見るべきは、中央値か。。。
統計を少しかじったけど、偏差値も重要らしいね。

こういう統計データも、きちんとした考えのもとにデータの見せ方を考えるべきだろう。
去年と同じじゃ、何も考えてないと一緒だと思いますわ。
ちゃんと多角的にみれるデータとして出すべきだと思う。

借金1000兆円

僕、これが印象操作の数値だって知ってるもーん

なんで、毎回負債しか公表されないのか疑問に思ってたけど、資産を公表されると増税ができないって理屈に超納得している。
ここらへんは、上念さんの著書を見れば分かる。

内閣支持率

どうやって支持・不支持を計測しているのだろうな。。。
内閣支持率は、野党に有利なときにばかり報道されるイメージがある。
野党が不都合なときに、きっちり支持率を公表して欲しいね。

温暖化と寒冷化

温暖化は、嘘だと思う。
温暖化の視点がよく分からん。
人間から見て温暖化だろう。地球の温暖化じゃないじゃんって思いますわ。
あと、温暖化しているなら、湿度があがらないといけないと思うんですけど、そんなに湿度が上がっている印象がない。

あと、時期的にも怪しいよね。
ちょうど日本車が売れるようになってきた時期ぐらいから、温暖化どうのこうの言い始めた気がする。
温暖化ビジネスが成立してしまっているのが、大きな問題だろうな。。。

人事院勧告

大企業ベースで考えてるのか。。。
世の大半は、中小企業だというのに。
もう、都合の良いようにデータ取ってるだけやんけ。

地方創生

野党が全部足引っ張っているイメージがある。

千葉でロケ誘致?
みなとみらいの間違いじゃないの?

国家戦略特区は、ニュースにならないよな。。。
養父市は、農業の規制改革の前例になりそうな気がする。

カジノは、辞めたほうがいいと思う。
リゾート施設なら賛成だけど。

補助金が問題だな。
タダで金もらえるなら、それに群がるのは当然だろう。
だから、やるなら成功した人に補助金出すでいいんじゃなかろうか?
そうすれば、リスクをとってなにかする人が出てくると思いますわ。

世代間闘争

高齢者は、納税している人だけ選挙できる制度にすれば良いんじゃない?

ちょい悪オヤジから、へんや勘違いしているヤツが増えたんじゃなかろうか。
重盛さと美が言っているのは。
あきらかに、日本人がやるとダサい印象になるよな。
その年になってイキっているなんて、バカじゃないのって思うわ。
年を取ったのなら、それなりの礼儀を重んじて欲しいのだがね。

考え方の問題か?
世代間闘争は。
許容できない考え方を前にしたとき、それを否定するから怒ってるように見えるわけね。
VTRにあった、男が弱くなった的な意見がそうだろうな。
弱くなったのではない、弱くなってしまうような環境が構築されたのだ。男女平等を唄う過激派フェミニストたちによって。
幼少から様々なことに対して、あれは女性差別だなんだと言われたら、萎縮してなにもできなくなるのは当然だろう。
それを許容してきた高齢者たちにも責任あるとちゃいますか?

電車の中の態度ね。。。
口の中からする音は、舌打ちじゃない?
僕は、電車で隣に女性が座っているときは、かなり縮こまって座っている。
大股広げるやつを見ていると、チンコ見せびらかしたいのかな?って思いますわ。
僕は、短小なので、縮こまってます。

まとめると、世代間闘争は、あっていいのですね。
進化の証であり、競争が生まれているということなのだろう。